2009年06月14日

ブログ引っ越しを兼ねてのテスト書き込み

本日、平成21年6月14日、ブログを引っ越しました。
その理由は、携帯のブログからこだわり治療院の携帯用のhpに入れないためです。
つまりブログだけが、単独で標示されて、
携帯のhpに誘導させるリンクの作成ができないためです。
携帯でも、機種により違うようですが
私の使用していますdokomoの携帯では
こだわり治療院と検索しても
あるいは、淡路島 鍼と検索しても、ブログは、ヒットしますが
肝心のhpが標示しません。
尚、pcの検索は、ブログからでも、全く、影響はありませんでした。
でも、今回、お知り合いのhpの詳しい方に、お願いして、
これまで、携帯用になりますがブログからhpに戻る機能がなかったので
戻る機能のある他のブログに引っ越しました。
本来なら、検索してhpがヒットすればそれで良いのですが
携帯用のこだわり治療院のこだわりブログが標示されるので
この中のリンクからこだわり治療院のリンクに入れるようになりました。
しかし、ブログ以外のリンクも単独で検索しましたら出てきますが
これらもhpに入れるかどうかはまだ分かりません。
取りあえずテストを兼ねて新しいブログへの書き込みをしました。
posted by こだわり at 20:34| Comment(2) | ブログ

2009年06月07日

視覚障害者パソコンボランティアグループ設立して1年の経過と今後の課題!!

久しぶりのブログ書き込みになりますが、
今回は、私が、かかわっています、昨年4月から設立させていただいています
任意団体ですが、淡路視覚障害者の会(主に視覚障害者のパソコン教室)の活動内容
についての、1年の経過と問題点や今後の方針等、
長文になりましたが、記載しました。!!
 一昨年の10月から、昨年の三月までの半年間、
 準備期間後発足しました。
 この会は、主として淡路島に在住しています、視覚障害者とそれを
支援していただいています、パソコンボランティア(パソボラ)で構成しています。
視覚障害者のPC経験者は私を含めて2名で後は
 初めてパソコンを学習したい視覚障害者の皆さんです。
発足当初は、数名だけのstarとでした。
 準備期間時には、 視覚障害者のmemberも発足前は複数の
pc経験者がいましたが、意見の相違で、会の発足前に退会されました。
 またパソボラも少なく、わずか3名で、講師は、
神戸方面から来ていただいています。
発足時の総会とイベントの様子が
地元の新聞等で紹介されたためか、
 パソコン未経験者の視覚障害者が複数参加してきました
パソボラも昨年6月位から、高齢者の、ボランティアパソコン教室を開いています
方等、 数名参加していただき、有り難く想っています。
現在は、まだ成り立ての、小さなグループです!!
視覚障害者7名と、ボランティア6名(本年4月現在)
で構成しています。
活動内容はパソコン勉強会が主で、月一回
淡路島の中央部になります、
洲本市の公民館をお借りして一回3時間程度行っています。
視覚障害者及びパソコンボランティア(パソボラ)
各自が、ノートパソコンを持参していただく事が前提になっています。
特に、私達視覚障害者はインターネットが使える環境でなければ
私を含めて、多くの皆さんは興味を示しません。
現在、視覚障害者7名の内
初めて、パソコンを始める人が5名です。
全くの全盲は3名です。
後の4名は大きな画面なら見える方です。
でも画面を見ながらマウス操作が困難ですので
視覚障害者の私達は、スクリーンリーダーと言う
音声ソフトを使用してキーボードで操作すれば
マウスでないと操作できない場合を除き、
 工夫すれば、かなりのパソコン機能が使用できます。
エディタは文章を書く時に、かなりの文字の大きさまで拡大可能です
ですので、視覚障害者だけでなく、
高齢者で、小さな画面が見にくい方にも便利ではないかと想います。
 インターネット閲覧ソフトを使えば
 インターネットの画面も大きくなるし
メールソフトを使えば、これも画面が大きくなりますし
 スクリーンリーダー即ち音声ソフトや
メールソフトやインターネット関係のソフト等幾つかのソフトは
視覚障害者は、各自買っていただきます。
市町村の 福祉課で視覚障害の日常生活給付制度が
ありますので、金額に制限はありますが、
ソフトを一割負担で身障手帳3級までだったか、
四級までだったか、さだかではありませんが
制度がありますので、参加していただいた皆さんは、全員対象になりました。
これは時自体によって違います。
 話を戻しますが
パソボラが使うソフトは、会の名前で無償でいただいて、それを入れて
使っていただいています。
 この公民館は、ネットが使える環境ですので、
毎月、この施設を使わさせていただいています。
 使用初めは、インターネットに繋がらなかった事のトラブルが
度々あり、講師の先生にはご迷惑を何回かおかけしました。
 公民館の配慮により、ルータの買い換えやモデムの交換をしていただいてからは
快適にインターネットが使えるようになりました。
今年の4月からは任意団体として認められましたので
公民館の使用量は無料になりました。
但し、エアコン使用量は有料です。
神戸方面で、現在活躍されています、パソボラ10年の実績のある
講師の先生をボランティアで毎月、お願いしてきました。
最近は、毎月来てもらってはいませんが、皆さんが上達して
違うテーマの学習に入れるようになれば
 またお願いしようと想っています。
 視覚障害者は、パソコンを始めたばかりの皆さんが多いので
ようやく1年経過して
初めは、ウインドウズの機動と終了の仕方から始まり
漢字仮名交じり文を使っての
簡単な文章の書き方
メールソフトを使ってのメールの送受信
現在は、スカイプ(インターネット電話が出来る程度になりました。
しかし、まだパソコンの基礎知識は学習していませんし
 メールしても、やっと送受信が出来る程度の皆さんがほとんどで
  このスカイプができるようになってからは、
 最近はスカイプ上でパソボラの皆さん達と
 仲間のパソコンのサポートを行っています。
しかし、個々によりどれだけ、エネルギーを注いでパソコンの前に座っているかは
 それぞれ、家庭の事情や目的も違いますので
 月に1〜2回の皆さんの都合の良い日と時間を合わせて
  スカイプでの会議や相談にも応じようとしていますが
 現実には、 なかなかスカイプであっても、一度に集まる事は不可能です。
 無理に押しつける事は出来ませんのでばらつきがどうしてもあります。
○ 今後の問題点

1)視覚障害者の移動
淡路と言っても東西30キロ以上離れていますし、バスの便が少ないので
 公民館までの移動は、家族に来るまで乗せてもらったり
 パソボラの皆さんに移動を兼ねてお願いしているのが現状です。
ガイドヘルパーさんの利用もありますが、これもバスが原則ですので
現実的には難しいのです。

 2)まだ初めて1年全戸の方が多いので
月一回程度では、上達がどうしても遅れる事は分かるのですが
現実問題として、本人のやる気があるかどうかになってきます。
只 スカイプ上でのサポートはある程度可能になりますので
これも本人のやる気があるかどうかになりますので
こちらから、促し覇できますが、強制的にはできないので
それと、私もそうですが、高齢者の皆さんばかりですので
また家庭の事情もありますので、なかなか想うようには行かないのが現状です。

3)パソボラの育成
パソボラと言っても、本格的に、視覚障害者の音声ソフトを使っての
ボランティアをされた経験のない皆さんですので、
サポートを私達の中にいる
メンバーの皆さんは、まだ長い人で1年、短い方で半年位ですので
まだまだ当分の間、試行錯誤しながらでないと
できないのが現状です。
でもそれよりも視覚障害者の皆さんが、どれだけやる気があるかどうかにより
パソボラの皆さんもより協力していただけるのではと想っています。
今は、新しいテーマになると、神戸方面から、講師の先生に来ていただいていますが
これから、淡路でのパソボラ育成が是非、必要だと想っています。

4)pcの世界でも、年々中身が日進月歩で進化していますので、
新しい、音声に対応しているソフトの導入も次第に必要になっています。
またそれとは反対に、ソフトがバージョンアップされた事で
今まで音声で使えていたのが、使えない場合も多々ありますので
情報収集が大切です。
それには、soft販売会社にお尋ねしたりソフトに詳しいスカイプ仲間にお尋ねしたり
視覚障害者関係のML上で
情報を教えてもらったりしないと
新しくソフトを買う場合には、注意しないと
音声で使えない場合があります。
特に汎用ソフト(一般用に売られているソフト)については
古いバージョンは売られていないので注意が必要です。
バージョンアップにより、音声が対応しない事が多々あります。
 メーカーにも対応してほしいと、お願いするのですが、それも
メーカーによって違います!!

5)私達のパソコン教室に入っていただける視覚障害者
パソボラもまだ少ないので淡路の広報や図書館祭り等
啓蒙して行きたいと思っています。

淡路には、人口の割には、全国的にも視覚障害者が非常に多いのですが
パソコンを使用している人はそんなに多くないのが実情です。
以上、長文になりましたが、淡路での視覚障害者のパソコングループを結成しての
経過と今後の課題でした。
posted by こだわり at 15:07| Comment(3) | ブログ