2011年04月05日

テスト

ブログの更新のためのテストです。
posted by こだわり at 20:30| Comment(0) | 日記

2010年08月27日

望まれる、病院のユニバーサルデザインnumber1 UDの概論

今回は、何回かに分けて病院のユニバーサルデザイン(以下UD)と略す。
望まれるUD 特に視覚障害者の立場から…

第一回目として、UDの概要について記載しました。

近年では、UDと言う言葉が
建築や福祉関係で使われるようになってきましたが、まだ一般的にはまだまだ
これからだと思っています。

ユニバーサルデザインとは、ユニバーサル=普遍的な、全体の、
という言葉が示しているように、
「すべての人のためのデザイン」を意味し、
年齢や障がいの有無などにかかわらず、最初からできるだけ多くの人が利用可能で
あるようにデザインすることをいいます。

この言葉や考え方は、1980年代にノースカロライナ
州立大学(米)のロナルド・メイス氏によって明確にされ、7つの原則が提唱されて
います。

UDの7つの原則
1.誰でも使えて手にいれることが出来る(公平性)
2.柔軟に使用できる(自由度)
3.使い方が簡単にわかる(単純性)
4.使う人に必要な情報が簡単に伝わる(わかりやすさ)
5.間違えても重大な結果にならない(安全性)
6.少ない力で効率的に、楽に使える(省体力)
7.使うときに適当な広さがある(スペースの確保)

よく取り上げられる身近なUD例としては、次のものがあります。

シャンプー容器のギザギザ
テレホンカードの切れ込み(今ではほとんど使用されていませんが)
使い勝手がよい自動販売機
ノンステップバス
缶ビールの点字表示
選べる公衆電話
多機能トイレ
エレベーターとエスカレーターと階段

また、戦後の高度経済成長時などにおける、若くて
行動に制約のない大人を基準としてきたわが国のものづくり、
まちづくりを反省し、最近各分野において、UDの視点からの設計や基準の見直しが
「バリアフリー」と「UD」

バリアフリーは、人を隔てたり、行動を妨げたりする障壁(バリア)を除去した状態
をあらわす言葉です。

平成7年(1995年)版「障害者白書」では、4つのバリア(物理的バリア、
制度のバリア、文化・情報のバリア、意識のバリア)が定義されています。

現在、バリアフリーという言葉はさまざまな場面で使われ、その使われ方もさまざま
です。

しかし、「あらゆるバリアをなくす」というように広い視野に立って使われていたと
しても、そのイメージは、「障がい者、高齢者」の概念と切り離せず、現にある
バリアを取り除くという発想になってしまいがちです。

そこから、バリアフリーは、「障がい者や高齢者など特定の人に対する、特別な対策
」であり、すべての人々の多様な関係や平等性、見た目の自然さにまで踏み込まない
という問題点が指摘されるようになりました。

たとえば、建物にエレベーターを設置しても、どこにあるのかわかりづらかったり、
それを使うことでたいへん遠回りになる場合があります。

このとき、エレベーターしか利用できない人がどう感じるかが問題です。

つまり、エレベーターをつけることでバリアフリーになるとしても、もう一歩考える
ことが重要であり、エレベーター、エスカレーター、階段を、それぞれ平等、公平に
利用できるようにすることがUDといえます。

また、「障がい者用」「高齢者用」と名づけられた商品や道具などは、バリアフリー
といえるかもしれませんが、
使用するのに抵抗がある人もいます。

年齢や障がいの有無などにかかわらず、だれもがさりげなく使えることも
UDの重要な要素といえます。
以下は、number2に続きます。
posted by こだわり at 19:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2010年06月02日

2010年 春 東京、二泊三日ジャズetcの旅 三日目 最終回!!

2010年春の新宿ジャズ・銀座etcの旅二泊三日(三日目)

いよいよ三日目の最終日となりました。

この日も朝から好転で、こんなに快適に東京へきたのは、初めての実感でした。

時間経過によって記載します。

先ず今朝の 朝食ですが
今回は、築地市場には行かずに

ホテルから徒歩2分程度歩いた処に和朝食がある店を見つけてそこれ行きました。

ここは24時間営業で
時間帯によって変わるようですが
朝食は幾つかのメニューがありました。
しゃけ・納豆等の和朝食です。

納豆を普段から家で食べているので
納豆朝食を注文しました。
内容は、ご飯・味噌汁・卵・味付けのり・漬け物でした。

どうせおいしくないと思っていましたら
なんとなんとなんと、私が家で食べている納豆よりもはるかにおいしかったのには
驚きました。

味噌汁も関西風の味で、残さずにたべました。

値段の安さににまたまた驚きました。
なんと上記のメニューで一人、280円でした。
ちなみにコンビニでお茶は150円でおにぎり一個130円同じとは…

その後 ホテルに戻って、しばらく休憩後
山野(やまの)楽器が開店する時間の10時頃付くように
ホテルを9時45分頃出ました。

到着すると大きなビル全体が山野楽器でした。
その中で三階全体がジャズ関連のcd/dvd売り場でした。

外国のcdも沢山ありましたが試聴できないので
私が、あまりcdを持っていない日本のクラリネットの名手
花岡詠二(はなおか えいじ)さんのcdを出してもらいました。
5〜6枚売られていました。

全て試聴できますが
時間がかかるので係員さんも忙しいので
かかりつけにしてはいけないので
ヘッドホンで次々と 次の曲を試聴しました。

ここは、慣れているお客さんは一人で 自由にcdを試聴できるようにしています。
その中から一枚と

それに店員さんお勧めの若手のクラリネット奏者
まだcdを開いていないので名前は忘れましたが、 
二枚を買いました。

アマゾンよりもやや値段が高いですが
長時間、試聴させてもらった事もあり、買う事にしました。

ちなみにアマゾンはリアルプレーヤーを入れていると沢山の試聴のできます。
時間はもう11時半になっていました。

以下参考のために、ユーチューブの音源でやや音が悪いですが

YouTube - I've Found a New Baby-花岡詠二 スヰング・オールスターズ
http://www.youtube.com/watch?v=qHkLkK9PT8g

午後から古賀政男記念館に予約していましたが
キャンセルして、次回に行く事にしました。

丁度昼頃になったので 四国の讃岐うどんチェーン店に
入り、讃岐うどんを食べました。

地元でも違うお店ですが讃岐うどんと同じような味でした。

その後 jr山手線で毎階立ち寄る秋葉原のヨドバシカメラに行きました。

決して 値段は安くはないのですが
店員さんが詳しく説明してくれるし、品物の種類が多いので、ここへ来るのです。

相変わらず 超満員のお客さんで混雑していました。

今回は 三菱のおしゃべりテレビとパナソニックの音声対応テレビを
説明してもらいました。

ヨドバシカメラは、テレビコーナーには
各メーカーから職員がprのためにいました。
ハードと一緒に買えば より使い易いように思いました。

パナソニックはもう少し待てば
もっと音声に対応すると云われたので、まだ品物はありませんでした。

色々と 品物を見ていると時間の経過は早いもので
もう3時近くになっていました。

特に大きな買い物は今回ありませんでした。
立ち疲れたので近くにある 喫茶店に行きました。
オレンジジュースを注文しました。

ジュースはおいしかったですが,中に一個のサクランボが入っていました。
後で お茶が出ましたが
値段は550円とやや高かったですね。

まだまだ予約している帰りの羽田発→神戸空港17時50分までには
時間がありましたので
秋葉原周囲を見学しました。

沢山の電気屋さんがありました。
今回は中には入りませんでした。

相変わらず 外人さんが多く来られていました。

次回はヨドバシカメラ以外の電気屋さんに立ち寄りたいと思っています。

ウロウロしている内に、時間が少し早かったのですが、
JR山手線で秋葉原から浜松町に出て、
モノレールに乗り換えて羽田空港の第一ビルで降りて

先に、おみやげ屋さんを探して
以前、東京名物でいただいた事があった
ごまたまごをかいました。

今回は東京バナナは買いませんでした。

東京たまご ごまたまご - 銀座たまや
http://www.tokyotamago.com/product/gomatama/index.html

東京土産でおなじみのごまたまごです。

黒胡麻のペーストと黒胡麻あんをカステラ生地で包んでホワイトチョコレートでコー
ティングしたかわいいたまご型のお菓子です。

それとごまたまごプリンも買いました。

ごまたまごプリン
ごまたまごの妹もお兄ちゃん同様、黒ごまのおいしさも生かして、
中のキャラメルソースの替わりに、黒ごまのペーストをアクセントにして
ありました。

普通のプリンとはひと味違ったおいしさが生み出せた、
味と思っていますがいかがでしょう。

17時50分初のスカイマーク
神戸行きは、滑走路の混み具合の関係で
飛行機の乗降口までの約5分程度
ありますので乗る1時間前に来てくださいと云われていました。
この便も、かなり前から満席のようでした。

手荷物検査の後
バスに乗って移動する事になります。

手荷物検査時はいつもですが
私は、右大腿外側に金属を入れているため
いつもブザー音が鳴ります。
それとカプセルの薬や電池・携帯・ラジオ・ICレコーダー等

最初からかごに入れてこれは検査時に提示します。
検査でひっかかったので身体の前後ろ、靴まで触られて通過しました。

出航30分前にバスに乗り
先に案内していただけました。

飛行機に乗ると一番心配なのは墜落ですが
それについては、個人的にはあまり心配していませんが
それよりも降りた後に耳がつまる感じがある人が多々ありますね。
私は特にありませんでしたが、家内がしばらくあったようです。

「耳管」について PartII tea-break-ちょっといい話
 やべ耳鼻咽喉科/東京都中央区銀座
http://www.yabejibika.com/teacol/t0702.html

定刻通り羽田を出発して午後7時20分、神戸空港に到着しました。
まったく揺れませんでした。

その後 神戸空港からポートライナーに乗り
JR三宮駅に着いたのは午後7時45分頃でした。
疲れているので駅にあるお弁当でおいしい
お弁当の淡路屋
http://www.awajiya.co.jp/

チラシ弁当2個だけ残っていたのでそれを買いました。

8時初の淡路島東浦バスターミナル行きの高速バスに乗り
午後9時頃、バスセンターに着きました。

まだお腹が空いていないので家に帰ってからお弁当を食べる事にしました。
そして午後10時頃、無事自宅に到着しました。
以上、三回に分けての東京二泊三日ジャズetcの旅でした。
posted by こだわり at 11:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記