2010年04月17日

松江→玉造温泉→出雲大社一泊二日の旅(1日目)

書き込みがやや遅くなりましたが、去る4月11日〜12日一泊二日で
小中学生時代からの同級生達27人で年一回
今年も、恒例の慰安旅行に出かけてきました!!
本人の体調と家族の事情により昨年より数名少ない参加者でした!!
今回は島根県にある、松江城→玉造温泉→出雲大社方面です。
バス会社のミスで30分遅れの午前6時半を地元を出発しました!!
途中洲本ICで数名が加わりこの時点では、19名でした。
出発時には、地元の淡路の洲本市由良では、雨が小雨、程度、降っていましたが、
山陰地方に入ってからも雨が降り続き
毎年旅行に出かけていますが,今回は、誰か雨男や雨女が参加したためか
二日間とも雨の止む間がない状態でした(苦笑)
話を戻すと、洲本ICからバスは、明石海峡大橋を渡って
明石海峡大橋のTOPページ
http://homepage1.nifty.com/momotaroh/sub07_new_page.html
先ず、山陽自動車道を通って加古川に在住する一人を乗せるため、三木市のサービス
エリアに、立ち寄りました。
その後湾岸線を通って大阪丸ビル近くで数名を載せました。
今回の参加者は27名ですがもう一人の参加者は
地元の島根県からの参加になります。
バスは、再び神戸方面に戻って
山陽自動車道を通って
兵庫県→岡山県に入り、山道を通ると
蒜山高原(ひるぜんこうげん)は岡山県北部にある高原で、海抜は平均500メートルの
場所にあります。
蒜山(ひるぜん)高原にようこそ!
http://ww81.tiki.ne.jp/~hiruzen/
蒜山ジャージークラブ
http://www.jersey-club.com/
この蒜山高原にはジャージー牛が2500等飼われているようです。
我が国全体でも一万頭位飼われて入るようです。
この蒜山高原では、乳製品も100%ャージー牛で作られているようです。
蒜山高原を通過してバスは米の収穫で有名な鳥取県の米子を通りました。
その後島根県に入り、宿泊先の玉造温泉に到着したのは午後4時半頃でした。
家内も付き添いで同伴したので予約してもらったお部屋はバリアフリーのお部屋でし
た。
トイレは二カ所ありましたが,一カ所は車いす対応で段差はありませんでした。
約700人収容の大きな旅館風ホテルでした。
さすがにビジネスホテルと違ってインターネットができるお部屋はありませんでした

フロントの横に小さなテーブルがありそのカ所だけネットができると云う事を
予め、電話で聞いていましたのでノートpcぱ持って行きませんでした。
宴会の前に温泉に入りました。
大きな浴槽で約300人入れるとの事でした。
料理は、、昨年の下呂温泉よりも品数も多いし
かなり多かったので残しましたが、大変おいしかったですよ。
食事とカラオケが終わった後
約20分間、ロビーのラウンジで民謡ショーがありました。
安来節 - ユーチューブ動画ドジョウすくいあり!!
http://ytu.be/TRJR4UoDNzw
その後、各お部屋に入り適当に過ごしました。
ラジオの好きな私ですが、テレビが好まないので
持参していましたが、中波は電波の関係で
全く入りませんでした。
二日目は次に続きます。
posted by こだわり at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月06日

私もTwitterを始めました!!

最近、政治家や芸能人や沢山の方が
Twitterを初めていますね。
私も老婆心ながら、ツイッターを初めました。
携帯から慌てて登録したもので変なユーザー名になってしまいました。
もし良かったらアクセスしてくださいね。
津村こだわり治療院
(kodawariharisam) on Twitter
http://twitter.com/kodawariharisam
Twitterの登録アドレスです。
kodawariharisam
posted by こだわり at 10:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月05日

難聴治療で行われています、耳管の通気治療について!!

またまた久しぶりの書き込みになりました。
私が時々かかりつけの耳鼻科医院で治療してもらっている
耳管通気療法について書いて見ました。
私は左右ともに軽度の難聴のため
月一回程度通院しています。
耳管は通常は閉鎖されているのですが、この耳管についている小さな筋肉の収縮のよ
っても、のをのみこんだり、
唾液を飲み込むとき開かれ、空気(咽頭の)は鼓室にこの管を通っ
て出入りして、鼓室と外耳道の気圧を平衡に保つ管です。
私の耳管は、赤ちゃんの管位細いようで
それも左右ともに、細いだけでなく、曲がっているため
普通の患者さんは麻酔を必要としなく
痛みもほとんどないようです。
しかし私の場合、麻酔を10分位してから
通気療法をしないと痛くてできない状態です。
鼻から耳に空気を通す時間は、わずか数秒です。
ここ数年は特に症状は変化ありませんが
改善もしない状態です。
でも,通気療法をした方が良いとのドクターの意見
ですので、月一回通院している次第です。
最近、胃内視鏡(胃カメラ)を飲むのに
以前は口からマウスピースをくわえて治療するのが主流でしたが
最近は、鼻から管を通して
胃カメラを行い治療が増えています。
これはほとんど違和感もなさそうですが
私の場合、鼻管が細くて曲がっているため、
従来の口からの胃カメラでしかできないようです。
posted by こだわり at 11:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記